ホテル イスタナ

Hotel Istana Kuala Lumpur

基礎情報

NO IMAGE

ホテル・イスタナ(Hotel Istana Kuala Lumpur)」は、マレーシアの首都クアラルンプールの商業中心地に位置するホテル。

イスラム宮殿を思わせるデザインのホテルで、屋外プールも備える。

日本人観光客に向けたサービスが充実していることも特徴。日本人スタッフが居る上、日本人専用ラウンジ「IYASHI」では和食の朝食も食べられる。

「水曜どうでしょう」では

  • ジャングル探検企画において企画説明が行われるホテル。
  • 【ジャングル1】ではジャングル探検についての詳しい説明。
  • 【ジャングルRE】ではダマされ中の大泉さんにネタばらし。
ホテル イスタナ

「水曜どうでしょう」での登場シーン

マレーシアジャングル探検

海外企画第4弾、マレーシアの国立公園(タマン・ヌガラ)でジャングル探検。

初日、夜にはマレーシアに到着。スルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港から車でクアラルンプールのホテルへ

車内では、名前が被ってしまったガイドの楊(よう)さんが頼んでもいないのに「タマン・ヌガラ」について話し始める。軽い調子から“2週間前ひとりガイドさんが死んじゃったよ”という恐ろしい事実が飛び出し、企画の詳細をまだ何も聞いていない大泉さんは顔がこわばる。

そうしているうちに初日の宿「ホテル イスタナ」に到着。とても立派なホテル。

「すごいですね」「いやいやいやいや」「これは素晴らしいな」

926号室にてマレーシア最初の宿トーク。大泉さんの体調に早くも異変が起きていたことが判明する。

ホテル周辺は商業中心地で、夜遅くまで楽しめるとのことだが、彼はそれどころではなかった。

「どのへんあたりからですか?調子が…」「吐き気を催してますね」「下っておりますね」「徐々に進行しているなと」「企画聞いてない段階でこうですから」
「言いづらい」「じゃもう大丈夫なんですね?」「いけるんですね?」「もうダメだ死ぬなと思ったら何かに食べられようと思ってます」

多少強引に本題へ。

すでに具合の悪い大泉さんには心苦しくも、野生動物が数多く潜むジャングルの詳細が少しずつ明らかになる。

熱帯雨林 密林 ジャングル
マレーグマ」「マレートラ」「ゾウ…ゾウいるってかい」「あとあの、バクなんてのも」「オレの夢を食べきれるかな?」
「本来であればもう2,3か月前に聞いておきたいその…日程をね」「ここに来て初めて大泉くんに」「今日マレーシアを知ったわけですから」

マレーシア行きを札幌出発直前に知った大泉さんに、ここでようやく明日からの具体的な日程が伝えられていく。

クアラルンプールからジャングルのあるタマン・ヌガラ(国立公園)へは、行くだけでも一苦労。最後はワニが生息する川をボートで3時間かけて上るという。ガイドの楊さんからも、泳ぎは大丈夫かという不穏な問いかけがあったようだ。

「うわ、ボート3時間…」「転覆…一回ぐらいはするよ」「なんだよここは…」「3時間もワニのいる川を渡るんでしょぉ…おかしいよ

そして話は、企画の目的地でありメインイベント「ブンブン」(動物観察小屋)の説明へ。

動物をしっかりと見たい」「いいものがあるんですよ」「ブンブン…?」
歩きます」「6時間です」「…ヘビ?」「サソリ?」「グモ」「大小入り混じり」「野良(のら)ゾウがいるの?」「ぜんぶ野良です」

密林の中を長時間歩き、電気も通っていない小屋に宿泊するという行程は、文明のある土地を願っていた大泉さんを絶望させるには十分すぎる内容だった。

「…泊まんの?」「あちゃーでたよそらまずいよ…」「帰りてぇなぁ…」
「いやぁ…わりいけどだめだおれぁ…」

脱力状態の大泉さんに、続けてディレクターから注意点が伝えられる。

ヒルの話になると、それまで話を主導していたミスターが急に青ざめ、実物を想像して騒ぎだす。ましてや後日、一番苦手なヘビから逃げまどう場面が本当に来るとは、この時は予想していなかっただろう。

「えぇ、デカイの?」「あダメだおれ~」「ぁあ~」
「ミスターねぇ爬虫類がダメなんだって」「図鑑でも見れないもん…」

ともかく、大泉さんは体調を戻さなければならない。野生動物は弱った獲物を真っ先に狙う。

野生動物から身を守る武器だと言ってヘッドライトと虫よけスプレーを提示するディレクターにため息をつき、なんとかジャングルを楽しもうと翌日に備える一行だった。

そして翌日、ホテル前にてシートとサスペンションがおかしい大型バスに乗車。引き続き朝からお腹を下している大泉さんを連れて、いよいよタマン・ヌガラへ出発。

※水曜どうでしょうDVD第10弾「東京2泊3日70km/マレーシアジャングル探検」/北海道テレビ放送株式会社 より

ジャングル・リベンジ

概要

ダマされ中の大泉さんを連れて3日目。アンコールワット(ウソ)を目指してシンガポールから北上、マレーシアのクアラルンプールに着く。そこで用意されていたホテルは、以前の忌まわしき企画の出発点となった思い出のホテル。しかしそれは、もちろん偶然なんかではなかった。

いつまでも変わらない大泉さんに、本当の企画が打ち明けられる。

翌朝ホテル前、前回と全く同じ場所に立ち、本当の旅が始まる。

「1年9カ月ぶりの旅、もうはや3日…」「旅ってこういうもんでしょ、死ぬほど食って寝る」

「こちらのホテル…」「我々以前も滞在したことがある」「そうなんだってねぇ」「まぁ偶然…」

「それが今や大泉さんこのガウン」「七年前があるから今があるんですよ」「僕だってねぇ皆さん最初からこうじゃないんだよ」「余裕がないからシカとトラを見間違うんだ」「ミスターの醜態だよ」

「だけどミスターね、あれはシカだよ」「…だったら見に行きましょうよ」「何をバカなことを言ってんだよミスター」「…」「何とか言ってやれ大泉くん」「あぁ?」「あぁそうかそうか…あれはミスタートラだよ。トラだよトラ」「トラがいるね」「ほいじゃ見に行こうよ」

「じゃぁあれか?明日からタマンヌガラ行くのかミスター」「アンコールワットなんかいいよ!」「ちょっと待って…」「もう一回行くぞ」「おい言っとくぞ、明日から食いもんこれだかんなお前」「悪いけど今回、2泊するぞ」

「どうでしょうがチンタラチンタラ列車の旅するわけねぇだろ」「何がお前、タイに行ったら古式マッサージに行く!だバカ」「親父のように考えろおまえも」「いやぁ大泉くんは変わらないなぁ」「僕はずいぶんとショックを受けてるけどキミたちも行くんだぞぉ」「それでも僕がダマせればそれでいいの?」「こやってなに、オレが四十になっても五十になってもやる気?」

「やってくれるかい?」「やるよ」「いい誕生日にしろ!」「これはしかし、浪漫(ロマン)だねぇ~」

「みんなでやろうよ。ミスターのあの時のようにみんなも勇気持とうよ」「みんなでやろうよ…バカじゃないのか?」「バカは死ねよもう」

「お待ちかねの、ジャングルです。よかったね、僕がダマされるとこも見てさぁ。全道中思ってたんだろ?1年9カ月の間さぁ、大泉洋は調子に乗ってると」「騙されたぞ」「ご心配いりませんよ」「Mステに出たって僕はこうですよ」

水曜どうでしょうDVD第6弾「ジャングル・リベンジ/6年間の事件簿!今語る!あの日!あの時!/プチ復活!思い出のロケ地を訪ねる小さな旅」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント