グランドプリンスホテル高輪(旧 高輪プリンスホテル)

グランドプリンスホテルたかなわ

基礎情報

グランドプリンスホテル高輪(たかなわ)」は、東京都港区高輪にあるホテル。

現存する中で最も古く、また、高輪地区で最初に開業した「プリンスホテル」。宿泊のほか、レストラン、バー、ウェディング施設も完備。

2016年にリニューアルオープン。別館が「高輪 花香路(たなかわ はなこうろ)」の名称で和室16室の構成に。本館もクラブラウンジやフィットネスルームなどが新設された。一部のレストランや婚礼施設の機能は、同一敷地内の「グランドプリンスホテル新高輪」に移された。

「水曜どうでしょう」では

グランドプリンスホテル高輪(旧 高輪プリンスホテル)

「水曜どうでしょう」での登場シーン

東京2泊3日70km

概要

初日、田園調布から次の目的地お台場へ向けて歩き出す。しかし日も暮れ、雨脚も強まり、脚も痛み、惨めさも増してきているため一泊することに。

ホテルでは、カニみたいな頭になってしまった大泉さんが、すっかり反り返ってスルメみたいになってしまった地図を広げながら、改めて今回の企画への疑問と不満を説く。そして今まで散々言ってきた深夜バスのありがたさまで感じる。

このホテルで食べた鉄板焼きが思いのほか高額で、後々、どうでしょう部の部費を圧迫する。

「痛いですよねぇー」「深夜バスに乗りたいでしょ?」「旅の原点とかいう問題じゃない」「文明を無視してるもんね」

「僕ねこれケガだと思うよ」「初日もクソもなくこれは普通中止でしょ」

「カタい八ツ橋みたいな」「風をモロに受けるね」「飛んで行けるならまだ楽だけどさ」

水曜どうでしょうDVD第10弾「東京2泊3日70km/マレーシアジャングル探検」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント