田園調布

でんえんちょうふ

基礎情報

田園調布(でんえんちょうふ)」は、東京都大田区にある町で高級住宅街として有名。

日本で初めて庭園都市(ガーデンシティ)として計画的に開発、分譲された地域とされている。

「水曜どうでしょう」では

  • 【東京ウォーカー】“大泉さんの行きたいポイント③”に選ばれて訪れ、大泉さんは昔を懐かしんだ。
田園調布

「水曜どうでしょう」での登場シーン

東京2泊3日70km

歩くとは知らずに大泉さんが挙げてしまった東京での行きたい所を、徒歩のみで回って満喫するという東京ウォーカー。

大泉さんの行きたいポイント③に選ばれた「田園調布」。伯爵家の大泉さんは、昔住んでいた高級住宅街のご近所の方々に久々にご挨拶したいとのこと。

しかし企画の詳細を知って、大泉さんは改めて地図を確認。

「これどこ?」「田園調布」「そんなに行きたかった?」「たいして行きたかないねぇ…そう言われてみるとねぇ」

羽田を出発し、位置的に最初の目的地となった田園調布。

雨の中カッパを着て、多摩川沿いを惨めに歩いていく。再確認するが、目的地はすべて大泉さんの行きたい所である。

「いやもう本当にやめようや」「なんで俺はこの雨ん中歩いてんだぁって」「雨の中を歩くっていうのはこんなに人を惨めにさせるもんかねぇ」
田園調布はとりあえず…どこに向かうの?」「いやだから僕の…ご近所さん」「この場におよんでまだ言うか

巨人軍グラウンドを見てから、田園調布の住宅街に入る。

大泉さん懐かしそうに見て歩き、その辺を通る人にも挨拶をしていく。

「閑静な住宅街だね」
懐かしいねぇ」「あぁ昔のまんまだ」「昔はおっきかったけどなぁ、この滑り台も」
「どーも」「ご無沙汰してます」「やめろって」「おまえ…一人にするぞ」

電柱の看板を見て子供の頃に通っていた習い事を思い出す。

「まだあるんだ」「これ、クラシックバレエ」「もしかして…」「通ってた」
バレエやってたの?」「今やれってのは無理なの?」「トゥシューズを盗まれて以来やめたからさ」「今やれってのは無理なんだ」

ホラ話にうんざりしてきたのか、ミスターは先を急ごうとするも、大泉さんに注意される。

「ひとりで行くと危ないよ」「田園調布ってのは一歩裏に入ったらもうあっという間に」「ハーレムになるから」「なに?」「それ…」
「スラムって言うんじゃ…」

こうして羽田出発から約7時間かかって田園調布駅前に到着。

そしてすぐに、大泉さんが「もういいよ」と言っているにもかかわらず、次の目的地「お台場」に向けて歩き出す。

※水曜どうでしょうDVD第10弾「東京2泊3日70km/マレーシアジャングル探検」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント