赤福

あかふく

基礎情報

赤福(あかふく)」は、餅の上にこしあんをのせた三重県伊勢市名物の餅菓子。「株式会社赤福」が製造販売する。

1707年に誕生。形は伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎ、餡の三筋は清流、餅は川底の小石を表す。伊勢神宮近くの「おかげ横丁」の川沿いに本店があり、美味しい番茶と共に出来立ての赤福を食べることができ、作る様子も見ることができる。

「水曜どうでしょう」では

  • 【サイコロ4】にて登場。ミスター3皿(合計9個)完食。
  • 【原付日本列島】にて登場。伊勢神宮至近の旅館にてミスターの魂が覚醒。「マルシン出前機」を賭けた「赤福対決」が行われた。
  • ミスターにとっての天敵のひとつで、【原付日本列島】では「赤福とずんだは僕にとっては2トップだから」と発言している。
赤福

「水曜どうでしょう」での登場シーン

サイコロ4~日本列島完全制覇~

概要

夜通しのレンタカー移動で暗いうちに伊勢神宮へ到着。車内で仮眠をとった後の第6の選択「①無理して近づく新幹線仙台」。悪くない目で先を急ぐ出演陣だったが、藤村Dにはこの場所でまだやりたいこと(食べたいもの)が残っていた。

ミスター3皿(合計9個)完食。

「え?」「なに、いらないよぉー」「ミスターせっかく来たんだから」

「ぜんぶあんこだ」「よぉっ」「痛々しい顔しないでね使えなくなるから」「あっ…」

「死んじゃっちゃおもしろくない」

水曜どうでしょうDVD第9弾「北海道212市町村カントリーサインの旅Ⅱ/サイコロ4~日本列島完全制覇~」/北海道テレビ放送株式会社 より

原付日本列島制覇

原付(カブ)で東京から高知・桂浜へと向かう道中、移動3日目。

(もはや当然のように乗るようになったフェリーで)三重県に入ると、道沿いの電柱や土産店は「赤福」の看板で埋め尽くされた。

終わらない「赤福」コールを受けながら、前だけを向いてひた走るミスター。

「赤福!赤福!」「すごいアウェイな感じですよね」「すごいな」

その日の宿、話は明日の行程についての打ち合わせへ。

過ぎた3日目の行程では雨で装着できなかった、本企画のカブのメインカスタマイズである「マルシン出前機」(重さ約14キロ)

ディレクターとしてはこのまま忘れるわけにはいかないが、ミスターには載せた距離の分だけ負担がかかる。特に山道を200キロ行く明日の行程。譲れない互いの願い、決めるとなれば。

「マルシン出前機を積まない方がいいのか?」「これはね決められないわけです」
「やっぱり勝負で決めたいわけだよ俺は!」

三重県の終わらない沿道の「赤福」コールの結末は、ここでやってきた。久しぶりの「甘い物早食い対決」

「そうかぁ…」「ここでかよぉー」「200キロマルシンて…」「ミスター本当にやばいよこれ勝たないと」

目を見開き、鼻から水を噴射し、涙まで流しながらのミスターの魂の戦い。

死んじゃう死んじゃう死んじゃうミスター死んじゃう」「だめだってミスター」

そしてその奮闘の結果を水の泡とする、代理人の大泉さんの事後交渉。

「明日マルシンは100キロまでで」「ずいぶんミスターに甘いなぁ藤村くん」
「100キロ走り切った時点でもうひと勝負すればいいじゃないか」「ミスターが勝ったら残りの100キロは免除してくれ」「ちょと待て」「今の勝利はなんなんだよ」「僕が今ねぇまとめましたから話を」

この企画では専属カメラマンが同行している為、初めてファインダー越しではなくその目でロケを見守る嬉野D。この「赤福」対決を生で見ていた感動を後のトークで語ることになる。

※水曜どうでしょうDVD第9弾「北海道212市町村カントリーサインの旅Ⅱ/サイコロ4~日本列島完全制覇~」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント