伊勢神宮

いせじんぐう
カテゴリ:『地』
場所:三重県

基礎情報

伊勢神宮(いせじんぐう)」は、三重県伊勢市にある神社。正式名称は「神宮」。「お伊勢さん」などとも呼ばれる三重県の代表的な観光スポットのひとつ。

主神・天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀る内宮(ないくう)(「皇大神宮」)と、衣食住をはじめ産業の守り神である豊受大御神(とようけのおおみかみ)を祀る外宮(げくう)(「豊受大神宮」)の2つの正宮をはじめとした、場所の異なるいくつもの宮社からなっている。

近代社格制度(旧社格)においては、全ての神社の上に位置する神社として社格の対象外とされている。

観光では内宮を参拝することが多く、近くの土産物屋街「おかげ横丁」には、伊勢名物「赤福」の本店がある。

「水曜どうでしょう」では

  • 【サイコロ4】第5の選択との目的地となり、夜通しのレンタカー(トヨタ・ターセル)で到着後、狭い車内で仮眠。かなりのダメージを受けて「大鳥居」(参道口である宇治橋に建つ鳥居)の前に立った。
伊勢神宮

「水曜どうでしょう」での登場シーン

サイコロ4~日本列島完全制覇~

いつもの東京ではなく島根県「出雲大社」からスタートしたサイコロの旅第4弾。

2日目、登山家大泉さんとの「黒部・立山アルペンルート」を終えて午後5時半。信濃大町駅前での第5の選択はまだまだやる気の選択肢が並ぶ。

ミスターが振った結果は、「②伊勢神宮でお参り 伊勢(三重)」

「遠いっていう噂の…」「えー、行く手段が、ありません」「となると…」「レンタカーしかない」
「おなじみの画でございます」

夜通しレンタカーを走らせ、三重県伊勢市に行くことが決まる。

出発してまず、教えてもらった道の「しえる」を曲がり「大町温泉」へ。お伊勢参りの前に温泉に浸かり、山越えの後の身体を清める。

途中、長野自動車道(高速道路)では走行している博多行の深夜バスを見つけ、しばらく眺めながら抜きつ抜かれつ。

また、その後の伊勢までの映像で、番組で初めて「1/6の夢旅人/樋口了一」が挿入曲に使用される。

午前3時29分、「伊勢神宮」に到着。レンタカー(トヨタ・ターセル)車内で仮眠とした。

翌朝、大鳥居をバックに立つやられ顔の2人。

「とにかくえらい目にあったね…」「痛いねぇ…」「なん…なんであんな狭いんだろうねぇ」「出してくれぇ―」「ヨガかこれはと」

第6の選択、大泉さんはサイコロを振るついでにラジオ体操。

結果は「①無理して近づく新幹線 仙台」。松阪牛の目は出なかったが、ようやくまともに北上することができる。

そうと決まればと足早に歩き出すミスターを、藤村Dは何やら意味有りげに呼び止める。

えっ?」
「なになになになに…いらないよぉー」「いらない、名物はいらないぞぉ」

伊勢神宮前の「おかげ横丁」内には、ある有名な名物餅菓子の本店がある。

ミスターは事前にその文字を発見しており、実は内心、ここに来たことを後悔していたのだった。

※水曜どうでしょうDVD第9弾「北海道212市町村カントリーサインの旅Ⅱ/サイコロ4~日本列島完全制覇~」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント