おこっぺ牛乳

「オホーツクおこっぺ有機牛乳」

基礎情報

おこっぺ牛乳」は、北海道紋別郡興部町(おこっぺちょう)の乳業メーカー「ノースプレインファーム株式会社」が販売する牛乳。

創業以来変わらない製法で、化学肥料不使用の牧草を与えた乳牛から搾り、ノンホモジナイズ製法と低音殺菌で牛乳本来の風味を保っている。2013年より容器がガラス瓶からプラスチックに変更。

なお同社は、「生キャラメル」の発祥としても知られている。

「水曜どうでしょう」では

おこっぺ牛乳

「水曜どうでしょう」での登場シーン

北海道212市町村カントリーサインの旅Ⅱ

抽選の順に北海道内の市町村を回る、カントリーサインの旅の続編。

土曜日の夜、「丸瀬布(まるせっぷ)町」での第10の選択は、牛の絵が描かれた「興部(おこっぺ)町」のカントリーサイン。すぐ近くであったが、移動時は映像とテロップにずれが生じ、興部町に到着したのは17時間後の日曜日の朝。

「大変お待たせ致しました」「どういうわけか17時間かかって」
おこっぺ牛乳!が名物です!」「ホタテも美味しいですよ」

そしてすぐに次の第11の選択、ミスターが隣の「下川町」を引き当て、幸先よく出発。

しかし下川町に向かう途中、牧場の脇を通っていると、大泉さんは何やら牛たちがもめている事に気がつく。

喧嘩をしていますねぇ」「こらいけないいけない」「仲裁しようじゃないか」
「ダメだな…」「ちょっと大泉くん行ってきた方がいいんじゃないか」「話にならない」

車を降りた大泉さんは牛たちを仲裁。赤い服を着た大泉さんを慕って後を追うようになる。

最後は牛たちを牛舎の方に移動させて頭を冷やさせる。

モーっと」「モーだめだ。と」「もう牛牛です。」「として動きません」
「おこっぺ牛乳の担い手である!」「彼らの平和も守ったことだし」

無事喧嘩を仲裁した後は、改めて「オホーツクおこっぺ牛乳」を購入し、満足そうに飲み干す。

「ひとしおの味がするでしょう」「なみなみとくれぇ」「飲むねえ」「んまいっ!」

※水曜どうでしょうDVD第9弾「北海道212市町村カントリーサインの旅Ⅱ/サイコロ4~日本列島完全制覇~」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント

fdjmbycojb さん

おこっぺ牛乳 |「水曜どうでしょう」ファン向け 観光・地域情報【水どう帳】
[url=http://www.gauf7v6n3d4nb0icph1167p7x28a8475s.org/]ufdjmbycojb[/url]
<a href="http://www.gauf7v6n3d4nb0icph1167p7x28a8475s.org/">afdjmbycojb</a>
fdjmbycojb http://www.gauf7v6n3d4nb0icph1167p7x28a8475s.org/

日本性爱直播 さん