能取の荘 かがり屋

のとろのそう かがりや

基礎情報

能取の荘 かがり屋(のとろのそう かがりや)」は、北海道網走市、能取湖畔にある宿。2006年に一部リニューアル。

風呂は天然鉱石(光明石)を使用した人工温泉で、貸し切り露天風呂も備える。また、宿からすぐの能取湖畔にはアッケシソウ(サンゴ草)の群生地があり、毎年9月頃になると一面が赤色で埋め尽くされるのも見物。

「水曜どうでしょう」では

能取の荘 かがり屋

「水曜どうでしょう」での登場シーン

北海道212市町村カントリーサインの旅Ⅱ

前回は途中から遊んでいまい計6市町村しか回れなかった、カントリーサインの旅の続編。

金曜日の深夜に札幌を出発し、道北→道央→道東と長距離移動が続き、引き続き非効率を極めた旅。9つ目(Ⅱでは3つ目)の「丸瀬布(まるせっぷ)町」に着いた頃には1000km近く走行しており、もう土曜日の午後5時半。

「記念すべき10個目」
「もう、もう…見てわかるでしょ!暗いんですよ!」「ヤです!」「恐い!」

カラ元気で迎えた第10の選択、大泉さんが引いたのはすぐ近くの「興部(おこっぺ)町」。初めは喜ぶものの、時間はすでに夜。

逆に遠方の目的地が出ていたら、一泊する口実になったのだが。

「おこっ…えっ?」「近いんじゃない?」「隣!隣じゃん!
「ということは…まだまだ走るっていう…」
「さぁ…」「まだ走るんだね?…行こう行こう」

急ぎ車に乗り込み興部町へ近距離移動

途中、走行音やテロップとは関係のない、風呂に浸かる映像や、布団に潜っている映像が差し込まれるが、問題なく興部町に到着。

ただ、到着した頃にはなぜか辺りは明るく、そしてなぜか一同元気になっている。

「どういうわけか17時間かかって」
「思わぬ時間をね」「きれいでしたねサロマ湖」「サロマ湖は寄ってません」
「やぉきれいだった能取湖」「能取湖は見えないはずです」

そしてディレクターから一言。

「料理の美味しい宿でした」

※水曜どうでしょうDVD第9弾「北海道212市町村カントリーサインの旅Ⅱ/サイコロ4~日本列島完全制覇~」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント