アンドラ公国

Principat d'Andorra

基礎情報

アンドラ公国(Principat d'Andorra)」は、ヨーロッパ西部のピレネー山脈中にある、フランスとスペインに挟まれた小国。

冬期はスキー、夏期はトレッキングなどのレジャー業が盛んで、観光が主要産業。

2012年まで消費税などが存在しなかった。現在は課税されるものの、他のヨーロッパ諸国と比べると税率は低い。

「水曜どうでしょう」では

  • 【ヨーロッパ1】にて訪れ、当時消費税が無かった“買い物天国アンドラ”を散策したが、あまり魅力を感じることはできなかった。
アンドラ公国

「水曜どうでしょう」での登場シーン

ヨーロッパ21ヵ国完全制覇

西ヨーロッパの21ヵ国を完全制覇するべくレンタカーを走らせる一行。

エクス・アン・プロヴァンスでの試練の夜から、高速パーキングで車中3時間仮眠にて迎えた移動7日目。

2人とも全然やられていてギブアップ寸前、テレビに出れるギリギリの顔。フランスのスペイン国境近くの路肩に地図を広げ、この日の行程を説明。

翌日午後にはフランス・パリに戻っていなければならず、スペインとアンドラに行き、最終的になんとか13ヵ国制覇を目指すことに。そしてこの日のうちにパリに近付いておかなければならない。

2~3千m級の山に囲まれた国「アンドラ公国」を目指すということで、移動5日目に苦戦した「フルカ峠」を彷彿とさせ、行程を案じる。

「あそこがピレネ山脈」「あの山にアンドラって国があるんですって」
「テレビにねぇ目刺されて映ってるやつみたことないよ」「もうね黒マジックもどこいったかわかんないんだよねぇ」
「遠いよパリ…」「僕もうヨーロッパうんざりなんだ

スペインに近づくと徐々に迫るピレネー山脈

朝市でフルーツを買い、すっかり覇気がなくなってしまったミスターに食べさせる。

「来たねぇ…ピレネー山脈」
「もう今となってはねぇ、どこに着こうとおどろかない

そして12ヵ国目のスペインに入国。

入国してすぐに地図を塗り、姑息に姑息にすぐ出国。

「だいたいこの辺まで来たらねぇ」「バルセロナあたりをね…」
「ウチはアンドラでございます」「アンドラって聞いてやっぱ僕なんか例えば行きたいと思わない」「山の中まだ上るみたいです」
「バルセロナ行きたいねぇ…」

高地へと上る途中、ミスターからはもう少し詳しい13ヵ国目「アンドラ公国」の紹介

「ご存知ですか?」「知りません」「ですよね」
「税金が無いということなんで」「上野のアメ横…とか…秋葉原をもっと広くした感じだって」「こんな山ん中で?秋葉原があんの?」
「牧歌的な風景が広がるって」「着いて見てみないとわからん」

さらに山奥へと上り、無事到着。

着いてみると、なるほどそこは山の中に突然現れたショッピング街

しかし街を散策した2人は浮かない表情。半ばテレビそっちのけになってしまったミスターの止まらない暴言。

「なんかすごいわ」
電化製品を見た限りでは、そんなに安くはなくって…」「わざわざここまで来て…買うこたぁないよ」「日本人が来ないのも、うなずけると」
「食事」「非常にまずい」「さらに寒い」「来て何の得にもならない」

簡単すぎる出国審査を済ませ、足早に山を下る。

「2千メートルの山とは思えない」
「景色はしかしいい…」

13ヵ国を回り終え、あとはパリへ向けて一直線。世界一の渋滞と言われるパリへの道を憂慮しながら、ひたすら北上していった。

※水曜どうでしょうDVD第7弾「ヨーロッパ21ヵ国完全制覇」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント