モナコ公国

Principauté de Monaco

基礎情報

モナコ公国(Principauté de Monaco)」は、フランス地中海沿岸、イタリア国境付近に位置する国。

世界で2番目の小国で、主要産業はカジノを始めとした観光業。原則所得税を課していないタックス・ヘイヴン(租税回避地)のひとつで、世界中から実業家などの富裕者が移住している。

F1モナコグランプリをはじめ、モータースポーツの世界選手権大会が開催される場所としても有名。

「水曜どうでしょう」では

  • 【ヨーロッパ1】にて、F-1マシンのごとくスピード紹介をして通過。番組にとってはヨーロッパ制覇11ヵ国目となる。

「水曜どうでしょう」での登場シーン

ヨーロッパ21ヵ国完全制覇

21ヵ国を完全制覇するべくレンタカーを走らせた初めてのヨーロッパの旅。

スイス・サースフェーを出発し、大泉さんは不服ながらもイタリアを“スコン”と姑息にかすめた移動6日目。

フランスに入って間もなく、ヨーロッパ11ヵ国目となるモナコ公国へ。

「もうモナコ公国」
「小さい町で…」「ですね」
高級リゾート地として有名ですからね」「モナコはさすがに僕だってねぇ」「聞いたことある」
セナが走った道も僕ら走れちゃうわけ?」

地中海越しに、山の斜面に密集したモナコの街並みが見えてくる。

「世界有数のぉーリゾート地ですねぇ」「相変わらずそこをぉーすっ飛ばすねぇー」
「おいおいおいおい」「モナコが俺たち待ってるぜおい」「モナコじゃ我々をもう血モナコになって探してますよぉー」「…」

滞在時間およそ12分。F-1カーのごとく、小国をスピード紹介。

「なんだいすげぇや」「きれいな女性」「明らかに我々が今までに制覇した田舎町とは違いますね」
「カンペキにモナコを全部見せたと自負しております」
「あれが全てです」

モナコを出た頃にはすでに午後7時。

この後一行は、試練のプロヴァンス地方へ車を進める。そしてそこでは、試練の夜を迎えることになる。

※水曜どうでしょうDVD第7弾「ヨーロッパ21ヵ国完全制覇」/北海道テレビ放送株式会社 より

カテゴリ:ロケ地(海外)

コメント

非公開コメント