ノイシュバンシュタイン城

Schloss Neuschwanstein

基礎情報

ノイシュバンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)」は、ドイツ南部のバイエルン州シュヴァーベンにある古城。

未完成部分を多く残して1886年に建設が中止となった絶壁に建つ白亜の城。現在はロマンティック街道の終点として人気の観光スポットになっており、内部を見学することもできる。その趣きから“おとぎ話に出てくるような美しさ”と讃えられることもある。

「水曜どうでしょう」では

  • 【ヨーロッパ1】でディズニーの「シンデレラ城」のモデルとなった未完成のお城として見物に訪れた。
  • 番組のように「シンデレラ城」のモデルとして紹介されることも多いし全くそうでないとは言えないが、実際には東京ディズニーランドなどの「シンデレラ城」は複数のヨーロッパの城をモデルにしており、ノイシュバンシュタイン城がモデルとなったのはカルフォルニア州のディズニーランドにある「眠れる森の美女の城」である。
ノイシュバンシュタイン城

「水曜どうでしょう」での登場シーン

ヨーロッパ21ヵ国完全制覇

西ヨーロッパの21ヵ国を完全制覇するべくレンタカーを走らせる。

ドイツ古城街道の「ヒルシュホルン城」を出発し、リヒテンシュタインを目指す移動4日目。

老人が見張る街「ネルトリンゲン」観光を終え、引き続きロマンティック街道を数時間南下。向かうオーストリア国境付近、ロマンティック街道の終着「フュッセン」では立派なお城が見れるという。

「ノイシュバン…」「シュタイン城」「ディズニーがシンデレラ城のモデルにしたという」「未完成なんですって」「デカくてすごいお城」
「まだ鉄骨とか出ちゃってんのかなぁ?」「鉄骨…」「…さぁさぁ」

少し走ると山の断崖に大きなお城が見えてくる。

道の正面方向には別の「ホーエンシュヴァンガウ城」もあったが、大泉さんには別の施設に見えてしまった。

「あったあったあった」「すげぇよあれ」
「わぁ、正面のもまた」「これはなんかだけどちょっと嘘くさくないか?」「あんまりキレイ過ぎて…ラブホテルみたい」

少し近づいたところで車を降り、絶壁に建つ白亜のお城「ノイシュバンシュタイン城」を見物する。

視聴者にはあまり見せてくれない2人。

「おぉー」「かわいいお城」「またいいとこ建てるわね」
「テレビをご覧の皆さんは…」「現地でやっぱり見て頂きたい」「おいおいおい見せねぇってかい」「あーがけ崩れですねー」
「あれが、ノイシュバン…」「どけよ」「いや本当に美しい…」

※水曜どうでしょうDVD第7弾「ヨーロッパ21ヵ国完全制覇」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント