ヒルシュホルン城

Schloss Hirschhorn

基礎情報

NO IMAGE

ヒルシュホルン城(Schloss Hirschhorn)」は、ドイツの小都市ヒルシュホルンにある古城。ネッカー川や市街を見おろす山の尾根に建つ。

古城街道の城のひとつで、現在は古城ホテルとしても人気。本館に客室が8部屋しかない。

ホテル内にはレストランもあり、景色を見下ろせるテラスもある。

「水曜どうでしょう」では

ヒルシュホルン城

「水曜どうでしょう」での登場シーン

ヨーロッパ21ヵ国完全制覇

西ヨーロッパの21ヵ国を完全制覇するべくレンタカーを走らせる一行。

ドイツ・アーヘンを出発した移動3日目は、前夜にミスターが自分の番組生命をかけて発表した合宿計画がスタート。

一日で5ヵ国回ってイタリアまで行くという地獄の計画だったが、マンハイムにてミスターが寝た隙に、大泉さんの運転する車は見どころ満載の古城街道へと道を逸れてしまう。

状況を察してミスターはご立腹

「これが古城街道ですよ大泉くぅーん」「ちょっとうれしそうな顔してるよミスター」
「おやおやおやおやぁ?」「怒ってるねぇ」「怒ってるくせに先頭きって歩いてったけどね」

嫌いなわけではなく意外と楽しみながら古城を見物するミスターだったが、まだまだ機嫌は直らない。

藤村Dからの提案で「ヒルシュホルン城」へ。

「もうひとつ!」「ヒルシュホルン城」「まもなく、左手の方に…見えてくるかと思われますミスター」「?」
「このお城は、宿泊することがーできるんです」「いやいやいや…」「まだこれ…ドイツなんでしょ?」
「ホラホラ!あれ看板看板!」「もうすぐですね」

完全に楽しみにしている様子のミスター。

「9時近いから空いてないですよ」
「空いてましたね」「空いてましたミスター」「いいとこだよねぇ」「8部屋しかないとこだもんね」

限りなくダブルチックなツインルームであったが、幸運にも部屋が取れ、結束を高めろという古城ホテルからのメッセージを感じる。

テラスでの美味しい夕食とワインで、すっかり機嫌を取り戻すミスターであった。

「ミスター、いい夜ですねぇ」
「おいおいおい…飲まれてるよオレ」「だってドイツって良いんだもん」「夜景を見ましょう」

結局、3日目はルクセンブルグのみの進捗で、ドイツにもう一泊してしまったどうでしょう班。

翌朝の移動4日目、気を取り直しリヒテンシュタインに向けて南下していく。

※水曜どうでしょうDVD第7弾「ヨーロッパ21ヵ国完全制覇」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント