プルマン アーヘン クゥエレンホフ

Pullman Aachen Quellenhof

基礎情報

NO IMAGE

プルマン・アーヘン・クゥエレンホフ(Pullman Aachen Quellenhof)」は、ドイツのアーヘンにあるホテル。

優雅な内装を備え、スパエリアやサウナなどもある。

「水曜どうでしょう」では

  • 【ヨーロッパ1】にて宿泊。最終的に218と224の部屋。番組内でのホテル名は「PARKHOTEL QUELLENHOF(パークホテル・クエレンホーフ)」。
  • 「水曜どうでしょう」では不気味な絵やシャンデリア、物音などの怖い印象で、“ホーンテッドマンション”と表現される。
  • 海外のホテルでダブルルームに案内されてしまう最初のシーン。
プルマン アーヘン クゥエレンホフ

「水曜どうでしょう」での登場シーン

ヨーロッパ21ヵ国完全制覇

西ヨーロッパの21ヵ国を完全制覇するべくレンタカーを走らせる一行。

移動2日目は、ベネルクス(ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ)制覇を目標にイギリスを出発。

途中、ベルギー・ブルージュ(Brugge)のスペルを読み間違えたり、大雨に遭遇したりとアクシデントが続く。

本来はルクセンブルグを宿泊地とする予定だったが、弱気になってルートを変更しドイツ・アーヘンへ。

引き続き道に迷いながら、オランダは姑息に車で通過。

「あまりにもオランダが姑息だと…」「じゃぁキミがやってみろと」
「勇気ある姑息な手」「今日はアーヘンで泊まりましょう」

道がわからずベルギーに戻りかけながらも、なんとかアーヘンに到着する。

街灯が少なく暗い街ドイツ・アーヘン。見つけた立派なホテル「PARKHOTEL QUELLENHOF(パークホテル・クエレンホーフ)」。無事部屋も空いていた。

しかしそこは4人にとって、まるでホーテッドマンションのような不気味なホテルだった。

見てるよぉ」「ほらねこれ恐いでしょ」「窓の開き方も…」「今のドンドンドンなによ?」
「えっ?ぶつかってないすよ」

恐る恐る部屋の扉を開けると、そこには大きなダブルベッドがひとつ。

今後、海外ホテルでのこの勘違いは幾度となく続くことになる。

ダブルって…」「どうする?」「行っといで」
「ツインルーム?」「ウイ・アー・オール・メン

変えてもらった部屋もはじめは見つからず恐がる4人だったが、入ってみると、クローゼットの把手は取れるものの、きれいな部屋だった。

「こっちだよ!こっちだ…」「開けたくねぇよぉ」「電気ついてっぞ!」「入ってみろ」
「あぁ普通じゃん」「あ、きれいじゃん」

やっとの思いでホテルを確保し、遅い夕食。色々とアクシデントがあって疲れたためか、「明日からもう少しゆっくりヨーロッパを楽しみたい」とのディレクターのつぶやきを受け、スケジュール縮小の話題で食卓は盛り上がった。

ただひとり終始無言だったミスターは、部屋に帰ってから信じられない発言をする。

「この旅が終わったら、この番組やめる
「21ヵ国回らなきゃいけない」

ミスターは己の番組生命をかけて21ヵ国制覇をやり遂げると公言。加えて明日イタリアまで行くという、厳しい合宿計画を発表する。

アレクサンダー大王並みの…征服を」「ミスター本気ですか?」「死んじゃうんじゃないかなぁ

後に証拠VTRとして流れた映像では。

「21ヵ国回れなかったら、ここは切らないでよ、僕はやめます番組を」

翌朝の移動3日目、合宿行程スタート。

再度4人の気が引き締まり、このまま厳しい強行軍を敢行していくかと思われたが、後にハンドルを握ることになるある男の行動によって、ミスターの番組生命を懸けた計画は崩れていくことになる。

※水曜どうでしょうDVD第7弾「ヨーロッパ21ヵ国完全制覇」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント