ハートフィールド

Hartfield

基礎情報

ハートフィールド(Hartfield)」は、イギリス南部イーストサセックス州にある村。

作者A・A・ミルンが住んでいたこともあり、「くまのプーさん」の故郷として知られる。様々なグッズが揃う店「プーコーナー(POOH CORNER)」や、物語の舞台となった「アッシュダウンの森」、棒投げ遊びの橋なども実際にあり、ファンにとっては“聖地”となっている。

「水曜どうでしょう」では

  • 【ヨーロッパ1】にて、ミスター改めムッシュ改めミスタープーたっての希望で訪れ、棒投げ遊びも行った。
  • 番組では“A.A.ミルンの「クマのプーさん」の舞台となった小さな村。プー棒投げ橋やプーコーナー(グッズショップ)などが点在。”と紹介される。
ハートフィールド

「水曜どうでしょう」での登場シーン

ヨーロッパ21ヵ国完全制覇

広大な西ヨーロッパの21ヵ国をレンタカーで走破するべく、フランス・パリからいよいよレンタカーで移動開始。

最初はミスター改めムッシュの心の故郷U.K.(イギリス)に向かうことになったどうでしょう班。旅のテーマは「メルヘン」

フランスを出国し、ドーバー海峡を渡るユーロトンネルを列車で通過中、ミスター改めムッシュ改めミスタープーの行きたい場所、プーさんの故郷「ハートフィールド」を紹介。

「メルヘンと言えば何を?」「クマなんかが好きなんですよね」「クマのプーさん?」
「プーさんねぇ家でずっとやってますから」

ムッシュ改めミスタープーのプーさんのモノマネも披露。お子さんをお持ちの主婦層にもファンを増やすため、メルヘン第1弾として行き先決定。

始めは盛り上げるために話を合わせていた大泉さんだが。

「プーさんはなに…どんな人?」「よく知らない」「黄色いってことぐらい?」
「プーさんの悪口なんか言ったら容赦しないよ」

イギリスに上陸し、ホテルを決めてチェック・イン。早速「ハートフィールド」へ。

「クマのプーさん行かなきゃぁ」

グッズショップ「プーコーナー」に立ち寄り、子持ちのミスタープーとディレクターは首ったけ。

プー棒投げ橋「プーブリッジ」にも足を運び、プーさんの風船を手にした案内人ミスタープーと共に温度差のある大泉さんも周辺を散策。

「急に道が狭くなるよ」「おやおやおや?メルヘンだねぇ」「プーさんが歩いたんだねぇここを…」
「ケモノ道だな…」

橋に到着し、プーさんも登場。

「いい所だよ本当に…」「どっかトイレないかなぁ?」「そのへんでいいかな」
「本物のプーさん出てくんじゃないかなぁ…」「…あんただろプー」
「実際に遊んでみましょう」

棒投げ遊びも実際にやってみる。

しかし、プーさんがやっていたというその遊びは、北海道の大人の男たちが楽しめるような代物ではなく、ついにミスタープーの口からもその言葉が出てしまう。

「来ませんよぉ」
つまらないねぇ

※水曜どうでしょうDVD第7弾「ヨーロッパ21ヵ国完全制覇」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント